こんにちは!神奈川県横浜市に拠点を置き、各地で鳶工事を行っております株式会社三栄です。
皆様は、鳶工事と足場工事の違いをご存じでしょうか。
一見、同じ工事のように思えますが、実際は異なる工事なのです。
そこで今回は、鳶工事と足場工事の違いについて、ご紹介いたします。

鳶工事


建設現場において、一般的に高所での作業を専門とする職人のことを鳶職人といいます。
鳶職人は、高所を華麗に動き回ることから現場の華といわれています。
また、建造物の新築工事、改修工事、解体工事などで必要になる足場を組み立てる作業と、組み立てに付随する建設業務全般を指すのが、鳶工事です。
建築現場と外界を遮断するために仮囲いを組み立て、骨組みとなる鉄骨を組み、そこに足場を設置する工事です。
足場の架設に加え建設機材、資材の運搬、搬入、仮設足場の解体など、鳶職人が携わる工程は多岐にわたります。
他の関連業者の足場を組むという作業特性から、現場に最初に入り工事の先陣を切る重要な業務です。
また、鳶職は足場鳶、重量鳶、鉄骨鳶などの多種多様な専門職が存在しています。

足場工事

足場職人は、一般住宅専門の職人のことをいいます。
鳶職は、高所で作業を行う職人であるのに対し、足場職人は一般住宅における足場の組み立てや解体をする職人のことです。
つまり、足場職人は建設現場で必要な足場を設置するスペシャリストといえるでしょう。
足場を設置する目的は、全ての作業効率を上げ、安全に作業できるようにすることです。
最も身近にある足場の例は、建物の外回りに組まれている足場です。
足場工事は、正確で丁寧な作業を進めていく必要があるので、体力と頭脳、集中力、チームワークを必要とします。
また、工事現場だけでなく、イベントの会場設営、舞台ステージや照明などを組み立てる現場もあります。

三栄へご相談ください!

弊社では、鳶工事のご用命を承っております。
常に社員一丸となってプロ意識を持ち、工事に取り組んでおります。
周囲の環境に気を配りつつ、安全で高品質な工事をご提供いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。
皆様からのご連絡をお待ちしております。

【求人】三栄では新規スタッフを募集中!


神奈川県横浜市に拠点を置く弊社では、現在職人募集を行っております。
地元で就職をお考えの方、将来的に安定した業界で働きたい方、憧れていた鳶職人に挑戦したい方など、さまざまな思いをお持ちの方を歓迎いたします!
未経験の方でも、18歳以上でやる気と向上心を持っている方であれば、ご応募いただけますよ。
万全の教育体制を整え、一流の鳶職人になれるようサポートいたしますので、ご安心ください。
皆様からのご応募をお待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


株式会社三栄│鳶工事(仮設・鉄骨)・PC工事施工会社

【求人募集】
Recruitment