こんにちは!神奈川県横浜市に本社を構え、仮設工事や鉄骨工事、PC工事、鳶工事などを手掛けている株式会社三栄です。
地域の皆様に鳶工事といえば三栄といっていただけるよう、日々精進しております。
鳶職と一括りにしても、作業内容によって細かく種類が分類されています。
実際には、どのような仕事を行っているのでしょうか。
今回は、鳶職の種類とそれぞれの仕事内容をご紹介します。

足場の鳶職人


足場を担当する鳶は「足場鳶」と呼ばれ、工事現場に足場の設置を行います。
また、その解体も足場鳶の仕事なのです。
建設業界では、足場鳶の仕事から「建設は鳶に始まり、鳶に終わる」といわれているほどです。
足場鳶は足場工事の職人と同じものと思われがちですが、両者は別の職業といえます。
足場工事と足場鳶の違いについてご説明すると、足場鳶は、主に住宅やマンションなどの建設工事現場の足場を組み立てることが主な仕事です。
一方、足場工事の職人は舞台やステージといったイベント会場の設営も行うのが一般的なのです。

鉄骨の鳶職人

鉄骨造の建設物をつくる際、その骨組みを専門的に行う鳶を「鉄骨鳶」と呼びます。
クレーンなどを用いて、吊り上げられた鉄骨とボルトを高所の足場で組み立てて基盤の骨組みを作っていくのが鉄骨鳶の仕事内容です。
ビルやマンションなどの高層建築物の工事現場に入ることやクレーン作業で鉄骨を扱う場合も多く、時には数十メートルという高さにて、大がかりで、危険を伴う作業も少なくありません。
更に、鉄骨を担当する鳶職のなかでも、高速道路などの橋や高架線、ダムなどの特殊な骨組みを専門的に行う職人は「橋梁鳶」と呼ばれます。

三栄へご相談ください!

仮設工事や鉄骨工事、PC工事、鳶工事を承る弊社では、安全でかつ迅速に、経験豊富な技術で効果的な施工を実現しております。
どのような現場でも、お客様のニーズに添えるような施工のご提供が弊社強みです。
鳶工事や各種工事に関することでしたら、何でもご相談ください。
皆様からのご連絡をお待ちしております。

【求人】三栄では新規スタッフを募集中!


現在弊社では、現場スタッフ・職人募集を行っております。
応募にあたって、現場経験の有無は一切問いません。
業務に慣れるまでは、ベテランの先輩が丁寧に指導します。
経験者は即戦力としてお迎えしますので、ぜひ弊社でさらなる成長を目指していただけるでしょう。
皆様のご応募を心よりお待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


株式会社三栄│鳶工事(仮設・鉄骨)・PC工事施工会社

【求人募集】
Recruitment